PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

私の好きな猫の本

gooブログ『ティンク★ティンク★ティンク』からのお引越し記事

私は本を読むのが好きです。
ジャンルは問いません。

本屋に行くと、何時間でも飽きずに過せます。
タイトルに「猫」の文字があると、つい手に取ってしまいます。

そんな中でもお気に入りを紹介しようと思います。




<群ようこの「おかめなふたり」と「ビーの話」>


群ようこさんの本はエッセイのみ読んでいます。
どうも小説の方には手が出なくて

彼女も動物好きで、特に猫が好き。
ですから、猫のエッセイは最高です。「おかめなふたり」は
彼女の愛猫しいちゃんとの出会いから、普段の生活が書かれているのですが
とても自分にかぶる部分が多くて「そうそう」と頷きながら読んでしまいました。
「トラちゃん」も秀作です。
あまりにも感動したので、猫好きの友人にあげました。
今、また読み直したくなって、探している最中です。




<シャム猫ココシリーズ>


リリアン・J・ブラウンの作品です。
ミステリーです。
とにかくココが賢い!ヤムヤムは、猫らしい猫で本当に愛らしい。
この本は、猫が喋ったりしません。
猫らしい仕草の中で、主人公クィラランが事件を解決するのを助けます。
最初の頃と、現在進行中の舞台が変ったのですが
今、彼らの住んでいる町の大らかな雰囲気もとても素敵です。
こんな環境で、猫と暮らしたい!と思います。

ココが賢いのは、ヒゲの本数が他の猫よりも多いから・・・
という記述が出てくるのですが、じゃぁ麻呂は足りないのかな・・・




<トラ猫ミセス・マーフィシリーズ>


このシリーズは、ミセス・マーフィ&ティー・タッカーの犬猫コンビが
事件解決に走り回ります。
出てくる動物全部が個性的で、喋りまくります。
そして、その動物の登場人物の人物批評がとても笑えます。
もし、ティン&麻呂がお喋りをしているとしたら、私は何と言われているんだろう?
と、ちょっと心配になってしまいました。




<ロバート・A・ハインライン  「夏への扉」>


「夏への扉」はSFです。
書かれたのは物凄く前なのですが、内容が全然古臭くないのです。
そして、主人公と愛猫ピートとの関係がとても素敵です。




<ポール・ギャリコの「トマシーナ」と「猫語の教科書」>


「トマシーナ」の方はファンタジーといえば良いでしょうか。
「トマシーナ」は、ディズニーで映画化されているのですが
ビデオ&DVDをいくら探しても見付かりません。
40年近く前の作品らしいですから、ビデオ化等されてないのかも知れません。
いつかしてくれたら嬉しいなぁ・・・。

「猫語の教科書」は、猫によって書かれた猫の為のマニュアル本です(!)
いかに人間に取り入って、暖かい家や食事を得るか・・・etc・・・。
私達人間も、あまり馬鹿にされないように、相手の手の内を
知っておいた方が良いかも知れません。




<早坂暁   「公園通りの猫たち」>


読んでいて、涙が止まりませんでした。
「野良猫」「地域猫」「自由猫」・・・呼び方は人様々ですが
いわゆる家や庇護者を持たない猫の事を真剣に考えるきっかけになった本です。
決して押し付けがましくなく、彼の温かい目線で書かれていますが
それが余計心に「ズーン!!」と来たんだと思います。




<中島らも   「とらちゃん的日常」>


彼の生き方に関しては、敢えて何も言いません。
ただ、彼のとらちゃんに対する愛情は本物です。
しかし、どんどん愛するとらちゃんの心が、彼よりも、優しい大家さんに
移っていくあたりが笑えました。

あと書きに、高齢の大家さんの愛猫を心配する件があって
「大家さんにもしもの事があったら、自分が引き取っても良い」
というような内容が書いてあるのですが、「自分が先に逝ってどうする!!」ですよね。
これを読み終わって、2日後に彼の訃報を聞いて、とてもビックリしました。




他にも何冊かあるのですが、それは第2弾という事で・・・。



スポンサーサイト
banner blogram投票ボタン

| gooブログよりお引越し記事 | 11:07 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Unknown


きつねさんへ

うわ~どの辺がかぶってます?
きつねさんのお勧めがありましたら、ぜひ教えて下さいネッ

「夏への扉」私も大好きです!
とっても素敵なストーリーですよね。
時間を忘れ、一気読みをしてしまった本です。

期待されちゃうとドキドキしますが、必ず第2弾やりますからね


まろっちさんへ

♪本を売るならブック*フ♪ですね。
「ビーの話」が楽しかったら、群さんの「おかめなふたり」と「トラちゃん」も良いと思います。
彼女の愛猫しいちゃんも「シャチ柄」ですよ~♪おかめだけど・・・。


monさんへ

猫好きの性で、タイトルや表紙に「猫」があるとつい・・・
比較的自由になる時間が多い生活をしているので、本を読む機会は多いです。

「三毛猫ホームズ」シリーズは、最初の頃読んでいました。いつの間にか卒業してしまっていたなぁ~・・・。
2時間ドラマで、故三浦洋一が片山刑事やってるのとかは見てました。

「今日の猫村さん」・・・「ねこきも」の方で、一時盛り上がっていたので気になっていました。今度買ってみます。
ありがとうございました

>「オムネコムライス」なんて、もし、麻呂ちゃんが作ったらたぶん、ティンパパさんは涙ものかも??

よく分かんないけど、だから余計に気になる~!!それは一体何?


さえママさんへ

旦那様が「夏への扉」お持ちでしたら、ぜひ読んでみて下さい~♪

群さんの本は「さくっ」と読めてしまうので好きです。通勤途中に読むのにピッタリなのです。
まず、あの薄さがよろしい。荷物にならないから。そして、夢中になり過ぎて、乗り過ごす危険もありません


iharajaさんへ

>何とか辞典というのが好きで「椅子の辞典」まであります。

何かものすご~く読んでみたいのですけど・・・

私もミステリー大好きです
お勧めは誰ですか?

猫関連の本、私も結構持ってますが、iharajaさんほどないと思うなぁ。

やっぱり「猫好き」は、同じ本に引き付けられてしまうようですね
本棚を見比べてみたら、ソックリかも知れませんよね~

| ティンパパ | 2006/02/16 07:39 | URL | ≫ EDIT

本も本屋も大好きです!

私も本が大好き。圧倒的にミステリ(文庫)が多いです。
何とか辞典というのが好きで「椅子の辞典」まであります。
猫関係も結構持ってるのですよ。小説・エッセイ・写真集・病気の本etc.
40冊~50冊くらいかなあ。正確な数字は?。

「トラちゃん」、そして「シャム猫ココシリーズ」(途中まで)「公園通りの猫たち」「猫語の教科書」を読みました。
「トラ猫ミセス・マーフィ」「夏への扉」「トマシーナ」はまだ。探そう!
で、思いました。重なってる本が結構ある!

中島らもさんの「とらちゃん的日常」・・・
私も読んだ1週間後に訃報を聞き驚きました。

| iharaja | 2006/02/16 05:56 | URL | ≫ EDIT

Unknown

こんばんは~
本、たくさんありますね♪群ようこさんは、独身時代たくさん読みました!でも、随分、昔で何を読んだか・・・
夏への扉は旦那が読んだと言っていたような、持っていたような・・・?
最近、読書していないので、また群ようこさんあたりから読んでみようかしら・・・

| さえママ | 2006/02/16 00:44 | URL | ≫ EDIT

たくさんあるんですね~

ティンパパさんは、ほんとうに、ねこ好きなんですね。こんなにたくさん読んでおられるとは、ビックリです。
私も、「群ようこ」さんはいろいろ読みました。「赤川次郎」さんの「三毛猫ホームズ」シリーズは、いかがですか?
今、私のお気に入りは「今日の猫村さん」です。漫画ですが、笑えます。「オムネコムライス」なんて、もし、麻呂ちゃんが作ったらたぶん、ティンパパさんは涙ものかも??

| mon | 2006/02/15 23:16 | URL | ≫ EDIT

いっぱい持ってますね!

「ビーの話」だけ持ってます。
つい先日、ブック・○フ で買ったの。(100円でした~♪)
これみんなメモして、またブック・オ○で探します
(なんせ、子供に金かかるんで・・・
猫の本読みたいのに、どれがいいかなんてなかなか分からなくて・・・
こうやって紹介してもらえるととっても助かります!
ありがとう

| まろっち | 2006/02/15 20:41 | URL | ≫ EDIT

猫本ですね

ティンパパさまおすすめの猫本ですね。
読んでないのもあるし読んだのもあるなあ・・・
『夏への扉』は大好きです! 『ココ』は途中でやめてしまいました(^^;)。
さて、読書ジャンルや読了本がどれだけかぶっているでしょう? 紹介第2弾お待ちしてます(^^)

| きつね | 2006/02/15 13:01 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tinkmaro.blog88.fc2.com/tb.php/310-cb5c8d91

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT