PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

麻呂の内緒話

gooブログ『ティンク★ティンク★ティンク』からのお引越し記事


麻呂です

来月1歳になる元男の子です。
お正月早々去勢手術をしちゃいました。

実家も含めて、考えてみたら、オスを飼うのは初めて! そのヤンチャぶりにもビックリしました。

・・・実は麻呂は予定外の子だったんです。ティンに友達を見つけてあげたくて、ネットの『里親サイト』を見ていて・・・。
とても可愛い女の子を発見! ティンとも半年違いだし、保護主さんの住所も近所っぽい。
面会させるなりするのにもお互い(猫にとって)負担が少ない・・・

早速メールで連絡したところ、彼女はもう里親さんが決まってしまっていました。
ガッカリ・・・
そうしたら保護主さんから又メールが。
『真っ白な男の子と、ぶちの男の子が残っています。あの子の兄弟です。
もし宜しかったら、検討願えませんでしょうか?』

ティンはまだ避妊前の年頃の女の子。どうしようか悩んだけれど、相手はまだ3ヶ月ぐらいの子供だし、お試しで2~3日預かってみましょう・・・という事に。

どちらの子が良いですか?と聞かれたのだけれど、正直分からなくて・・・
「物怖じしない方の子をお願いします。」

あちらの都合で平日のお昼頃待ち合わせて、麻呂を預かりました。
タクシーで20分ぐらいの距離。車の中では鳴き通し
運転手さんも猫好きらしく「元気ですね~」で済んだけど、ちょっと冷や汗物でした


 ティンも「今日は何か変わった事がある」という事は分かっていたらしくて着いた途端
飛んできたのだけれど・・・


                     ナニッこの生き物はっっ



キャリーから出して、匂いを嗅いだと思ったら・・・ガブッ!!足首?かかと?
その辺りにカブリついていました


麻呂(この時点ではまだ名無し・・・)の方は、部屋の探索で忙しく
それどころじゃないので完全無視。


               ・・・・・・あれ?・・・ここはどこ~


自分の置かれた環境の変化に気が付いたと思われるのは
うちに着いてから既に1時間は経過している時でした



・・・でも大家族(1番多い時には11匹居たそうな)で揉まれていただけはあって
知らない猫なんかにはビビリもしない。

クルッと振り向くと、今度はティンに興味津々
ティンの方はムカッ!なのに、「遊んで♪遊んで♪」で追い掛け回し


流血沙汰になると困るので、今回に備えて2日間休みをとっていた私。
ソファーでズズゥ~っとお茶を飲みながら成り行きを見守る事約2時間。
多少の距離を保ちつつ、キャットタワーの上と下で爆睡する2匹。


こんなにかっ飛ぶティンを見るのは初めて。
この子を飼う事になるのかなぁ~・・・2匹の寝顔を見ながら思いました。


次の日の午後にはその当時ティンの一番のお気に入りの椅子で一緒に
これで決定。晴れてうちの子になりました


ティンの名前は『ティンカー・ベル』から貰いました。
ちょっと我儘だけれど、本当は優しい子・・・そんな願いを込めて。
実は、ティン自身と会う前からそれは決めていました。
絶対、そういう子が来てくれると信じていたので

次に来る子が男の子になるかもしれないので、やっぱりディズニー繋がりの名前に・・・
と思っていたのですが、この子の顔を見た瞬間
同居人が「・・・この子ってさぁ、麻呂って感じだよね・・・」
私も「・・・人間の言葉を喋れたとしたら、絶対~でおじゃる~って話すと思う・・・」
そんな会話を既にしていたので、悩む事もなく『麻呂』に決まったのでした



こんな経緯は、麻呂本人は全く知らず。
ずっと我が家にいたような感じで溶け込んでいました。


・・・それが8ヶ月前。麻呂私の戦いの日々の始まりでもあったのでした・・・


 

スポンサーサイト
banner blogram投票ボタン

| gooブログよりお引越し記事 | 05:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tinkmaro.blog88.fc2.com/tb.php/298-533deee3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT